ゆとり教育のつけが・・・:受験どうする。教育どうなる。



ゆとり教育のつけが・・・

今の日本の教育はどうなっているのだろうか。
数年前までは「もっと子供にゆとりのある教育を」とか何とか言っていながらここ最近では「教育方針の見直し」とか言って、授業時間を多くしたり。

結局「ゆとり教育」の付けは親でも学校の先生でもなく、子供たちに重くのしかかっているように思えるのは私だけでしょうか。

ゆとり教育のおかげで、授業時間が減った分塾などに通わなければ学力が上がらない。その為に親にも金銭的な負担が増える。

悪循環だらけですね。

マスコミなんかも「世界的に学力が下がっている」とか何とか言ってあおりたててましたよね。

別にゆとり教育が間違っているとかそういうことが言いたいのではなく、そういうことをする前にもっと沢山子供たちのために出来ることがあったのではないのかといまさらながら思っているしだいです。

ほかの国ではもっと効率よく子供の学力が上がるようなシステムがあるのに。もっと国を挙げて子供の学力を上げる努力をしないといけないと思います。

そうすれば自然と子供たちの学力も上がり、日本全体が活性化してくると思うのですが。別に塾に通ったり、通信講座を受講することが悪いこととは言っていませんが、全ての子供たちが自主的に勉強するようになれば親の負担も減っていいと思うのですが。

まあ、単なる理想論と言われればそれまでですが・・・


posted by lion at 22:53 | 教育
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。