中学受験:受験どうする。教育どうなる。



受験対策は家庭から

前回の続きです。

考えてみましたか。?

時間が取れなかった。

いいんです。時間が取れなくて当たり前なんです。でも、子供と会話はしましたか?

出来なかった?

それじゃあ今からでもしてみてください。新しい発見があるかもしれませんよ。

前回テクニックだけでは子供の成績は上がらないと書きました。その原因は何か。今回はそこらへんを書きたいと思います。

受験というものを樹に例えてみます。
世間一般では受験とはあくまで志望校に入学するためのプロセスに過ぎないと思います。

志望校合格という花を咲かせるためには、受験に合格するためのテクニックすなわち枝が必要です。枝を支えるには大きな幹すなわち環境が必要です。大きな幹を支えるにはしっかりした根すなわち家庭が必要です。

たとえが少し前後してしまいましたが、分かりますでしょうか?
枝が折れてしまえば花は咲きません。幹が折れれば枝は生えてきません。根が腐ってしまえば幹は育ちません。

余計に分からなくなってしまいましたね・・・

もっと簡単に書きます。

根っこが腐っていれば(腐りかけ)キレイな花は咲かないということです。

分かりますか?勘のいいかたならもう分かると思います。そうです。家庭が大事なんです。根っこの部分がしっかりしていれば幹・枝・花はどんな風にでも出来るんです。

家庭がしっかりしていれば、高額な進学塾や通信講座に申し込まなくても成績はドンドン上がっていくんです。
参考サイト 家庭で簡単に変えられる!

参考程度に上記のページを見てください。

親子のコミュニケーションがどれだけ大事か分かると思います。

posted by lion at 13:00 | 中学受験

中学受験はそんなに甘くない!

中学受験を控えたお子さんがいる家庭では日々子供たちと格闘していると思います。

中学受験に備えるために、小学校低学年から塾に通わせて毎月高い授業料を払っているご家庭も少なくないと思います。

中学受験はここ数年非常に難しくなってきています。計算式などでも特殊な計算方法を用いるものなどドンドン複雑化しています。親御さんが大学を出ていたとしても、あらかじめ予習をしておかないといざ子供に質問されたときに答えられなくなってしまうこともあります。

答えられないから塾に通わせて、「授業料を払っているから後は塾の先生に任せておけば大丈夫」と「ちゃんと教えてもらっている」と思っている人は多いと思います。

でも、少し考えてみてください。もし、あなたのお子さんが塾に通っていて、成績が悪くなったとします。それを、塾の先生方はちゃんとフォローしてくれていますか?

答えはノー。もしくは、詳しく親身になってフォローはしてくれない。
ということが多いと思います。

大手の塾に行けば行くほどこの傾向は高いと思います。
一つ注意してほしいのは、全ての先生がこういう傾向にあるのではないということです。中にはどんなに成績が落ちてしまっても親身にフォローしてくれる先生もいらっしゃいます。

いくら子供を塾に行かせても子供がその気にならなければ意味がありません。塾に通わせるのに年間約70万円かかるといわれています。3年間ならば210万円です。

中学受験に合格させるために70万円もの授業料を払って子供もやる気が出ずにずるずる塾通いをしているのはすごくもったいないと思います。

そこで、私もいろいろ探してみていいと思ったものがありましたので、一つ紹介したいと思います。

高い授業料を2年も3年も払うよりずっと効果があると思います。そして何より子供が一番変わると思います。
詳しくはこちらのサイトで確認してください。
中学受験勉強方

実績のある講師の方ですので、安心して相談できると思います。
今なら無料で子供の集中力を上げる方法を教えてもらえるみたいですよ。
posted by lion at 23:12 | 中学受験
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。